小林議員陣営、北教組献金前に事務所費集め躍起(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)の陣営が、北海道教職員組合(北教組)から提供されたとされる計1600万円の使い先となった、北海道江別市の選対事務所は、同氏の後援会で借りていたことが21日、わかった。

 後援会の2008年収支報告書からは、政治資金規正法違反容疑で逮捕された木村美智留容疑者(46)が、選対事務所の経費を捻出(ねんしゅつ)するために、関連団体から資金をかき集めたが間に合わず、北教組側に資金提供を要請した背景事情が浮かび上がった。

 選対事務所の資金を統括していた木村容疑者は、小林氏が代表を務める「民主党北海道第5区総支部」、資金管理団体「ちよみネットワーク2000」「小林ちよみ連合後援会」の3団体の事務担当者で、実質的な会計責任者だった。

 木村容疑者は逮捕前、読売新聞の取材に、選対事務所の資金がつきかかった08年11月頃、選対委員長で北教組の住友肇委員長(昨年6月に死去)に資金提供を要請し、12月上旬に400万円を手渡されたと証言。

 後援会の08年収支報告書では、木村容疑者が住友委員長に支援を求める直前の11月14日、資金管理団体にわずかに残っていたとみられる6万円余りが後援会に移動。11月28日には、民主党北海道が道内の各立候補予定者の団体に寄付した100万円が資金管理団体に入り、その4日後に、資金管理団体から後援会に100万円が寄付されるなど、逼迫(ひっぱく)する選対事務所の会計を他の団体の資金で賄おうとしていたことがうかがえる。

 選対事務所が開設された9月20日前後にも、5区総支部から100万円(9月15日)、資金管理団体から約14万円(同23日)が後援会に繰り入れられていた。

 木村容疑者は逮捕前、「選対事務所の家賃は月約30万円、事務機器のリース代が50〜60万円、レンタカー代が十数万円必要で、事務所維持に月約150万円かかった」と説明。自身の管理する5区総支部、資金管理団体、後援会の三つの財布を駆使して、選対事務所の経費を工面しようとしたが賄えず、北教組側に資金を要請したとみられる。

 後援会が選対事務所を、借り上げていた期間は、昨年8月末までの11か月余り。木村容疑者の証言通りなら、事務所経費は北教組から提供された資金とほぼ同額の約1600万円に上る。

 選対事務所内では、木村容疑者が、北教組の住友委員長や委員長代理の長田秀樹容疑者(50)と頻繁に打ち合わせをする姿が目撃されており、長田容疑者らは、選対事務所の事情を十分に認識したうえで、資金提供をした可能性が高い。

<福岡切断遺体>顔見知り関与か…争いの跡なく(毎日新聞)
追加経済対策の進言に理解=「しっかり手を打つことは大事」−首相(時事通信)
伊吹山ドライブウェイ 除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)
芸術院賞に9人=粟津氏らは恩賜賞も(時事通信)
<爆発>工場のタンク吹き飛び車2台押しつぶす 静岡・富士(毎日新聞)
[PR]
# by nmeizg3mqx | 2010-03-24 04:04

小沢幹事長、趣味の釣りでリフレッシュ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が伊豆諸島の八丈島を14日に訪ね、漁船に乗って趣味の釣りを楽しんでいたことが15日、関係者の話でわかった。小沢氏は最近、参院選対策の全国行脚を続け、週末もほとんど休んでいおらず、前日の13日は熊本市での当選1回の衆院議員のパーティに参加していた。関係者によると、小沢氏は疲れた様子もみせずに飛行機で八丈島へ飛び、知人の漁船に乗り込んだという。

 小沢氏は、自身がからむ「政治とカネ」の問題で逆風を受けているが、リフレッシュの時間が必要だったようだ。

 小沢氏の釣り好きは有名で、昨年10月には、千葉県の大原沖で体長約50センチのタイをつり上げた。今年1月8日に国会内で伊豆諸島の首長らに東京都議補選の協力要請をした際には、「キンメダイが捕れるのか。いいな。自分も八丈島とかにしょっちゅう行って世話になっている」と笑顔で語っていた。

強風でバッグネット倒れ母子が下敷き 神奈川(産経新聞)
クロマグロ禁輸反対で韓国と協調=農水副大臣(時事通信)
<漢検協会>新理事長に池坊保子さんを内定(毎日新聞)
<宇宙機関長会議>ISSの使用延長 検討の開始を明らかに(毎日新聞)
雑記帳 新婚夫婦迎える伝統の「水祝儀」 宮城県加美町で(毎日新聞)
[PR]
# by nmeizg3mqx | 2010-03-19 15:22

天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)

 天皇陛下は15日、皇居・宮殿で東ティモールのラモス・ホルタ大統領と会見された。

 宮内庁によると、会見は約20分間行われ、陛下は「東ティモールの国づくりは大変だったと思います」と話された。大統領は、日本の支援に対する感謝の言葉を述べたという。

【関連記事】
愛子さま登校できず 学習院、露呈された「学級崩壊」
「卒業生として恥ずかしい」陛下のご学友、橋本明氏
皇太子さま アフリカ直前会見詳報(上)「出会い」は大阪万博
政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発
天皇公的行為の政府見解を自、共が批判「政治利用の歯止めあいまい」
20年後、日本はありますか?

札幌ホーム火災 未明の惨事、誘導難しく(毎日新聞)
トキ8羽死亡、2羽も瀕死状態=今秋の自然放鳥に影響も−環境省(時事通信)
日韓警察 トップがソウルで会談 犯罪のグローバル化で(毎日新聞)
シャツ&ブラウス 春の着こなしの主役に ビジネスからカジュアルまで(産経新聞)
プリウス工場の車内に硫化水素、作業員自殺か(読売新聞)
[PR]
# by nmeizg3mqx | 2010-03-18 02:01

<天皇、皇后両陛下>ルーマニア大統領と会見(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は10日、ルーマニアのバセスク大統領夫妻と皇居・宮殿で約15分間会見し、昼食をともにした。昼食には昨年5月にルーマニアを訪問した秋篠宮ご夫妻も同席した。

宮城、福島、山形で震度4(産経新聞)
昔の民主党よりずっと高い…支持率続落で小沢氏(読売新聞)
<火災>1人暮らし69歳?死亡 兵庫・宝塚(毎日新聞)
<強盗>書店に刃物持った男 19万円奪い逃走 群馬・太田(毎日新聞)
<高校無償化>法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議(毎日新聞)
[PR]
# by nmeizg3mqx | 2010-03-16 18:02

なぜ?届かぬ幼いSOS 埼玉4歳衰弱死(産経新聞)

 当時4歳の次男に食事を与えず衰弱させながら放置したとして、保護責任者遺棄容疑で逮捕された蕨市中央、無職、新藤正美(47)と妻の早苗(37)の両容疑者。児童相談所(児相)などの行政機関は長年にわたって両容疑者に接触してきたが、なぜ次男の必死の“SOS”は届かなかったのか。

 次男の力人ちゃんは平成20年2月11日、急性脳症と栄養失調のため死亡した。捜査関係者によると、両容疑者には事件前、力人ちゃんを病院に連れて行かなければいけないとの認識はあったという。

 児相が両容疑者と接触を始めたのは、事件の約5年前の15年3月。力人ちゃんは同年9月に誕生したが、路上生活や経済的理由で乳児院に預けられ、長男も16年3月には児相に保護された。しかし、両容疑者は子どもの引き取りを強く希望。生活保護の受給とアパート契約を機に、18年1月から4人で暮らし始めた。

 児相などが事件までに一家に接触したのは、計約50回。しかし、子供たちに会えたのは計10回で、5回に1回の割合だった。

 児相では19年、市や警察なども交え、児童福祉法に基づき、裁判所の許可を得て子供たちを施設に入所させる強制措置をとることも検討。しかし、裁判所との事前協議で「客観的に虐待の状況が確認できない」として断念していた。

 児相の関係者が力人ちゃんと最後に会ったのは、事件の約2カ月半前の19年11月下旬。力人ちゃんについて「体にアザなどはなかったが、やせていて不衛生な印象だった」と振り返った。

 児相では、子供たちの施設入所を視野に入れ「客観的な虐待の証拠をつかむため、次の訪問では体重計を持っていこうとしていた」という。児相の職員は「目に見える形がないと権力を行使できない。限界だった」と声を詰まらせた。

【関連記事】
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕
5歳長男が餓死 虐待死で両親逮捕 奈良県桜井市 
2歳長男虐待死 父親に懲役11年判決
女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」
見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚

官僚の「やる気」向上、刷新相が「政策コンペ」(読売新聞)
サイトの暴走画像で割り出し、42歳逮捕(読売新聞)
普天間先送りなら「深刻な事態」=岡田外相(時事通信)
「名前忘れた」さい銭盗未遂被告に懲役3年求刑(読売新聞)
研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)
[PR]
# by nmeizg3mqx | 2010-03-11 23:19