黒澤明財団、4千万円無断取り崩し…今も補填せず(読売新聞)

 佐賀県伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している同市の財団法人「黒澤明文化振興財団」(黒澤久雄理事長)の寄付金管理を巡る問題で、財団が2001年度、基本財産1億円のうち預金4000万円を理事会の承認を得ずに取り崩し、今も補填(ほてん)していないことがわかった。

 財産のうち残る6000万円分は黒澤明監督直筆の絵コンテで、監督する立場の佐賀県は「基本財産には現金がない状態」としている。

 県市町村課によると、定款では、会社の資本金に当たる基本財産取り崩しには理事会の承認が必要だが、財団は承認なしに崩し、運営資金に充てていたという。預金の原資は、記念館建設のために個人や企業などから集めた寄付金の可能性もあるという。

 県は02年3月、手続きが不適切として財団を行政指導した。財団は同年6月の理事会で、取り崩しに関する事後承認を得た。そのうえで県に対し、取り崩した4000万円を補填する方針を報告した。だが県の05年3月の調査でも穴があいたままだったため、県は翌月、補填計画を出すよう行政指導した。しかし、いまだに提出はなく、現金も補填されていないという。

ひき逃げ 車が歩道に突っ込み3人死亡 車の男女4人逃走(毎日新聞)
郵政改革の素案、来週初に=亀井担当相(時事通信)
6千万円超不正請求で介護事業者指定取り消し―神奈川(医療介護CBニュース)
核「密約」検証作業、米側に内容正式報告(読売新聞)
自民党診療報酬WGが厚労相に申し入れ書(医療介護CBニュース)
[PR]
by nmeizg3mqx | 2010-02-06 20:09


<< 来年度も新型ワクチン接種で負担... 外装会社に脅迫文 恨み?事業所... >>