中名生理事長が辞意=任期途中、後任は公募−国民生活センター(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は2日の閣議後の記者会見で、国民生活センターの中名生隆理事長から辞任の申し出があり、了承したことを明らかにした。3月末で辞任し、後任は公募で選ぶ。
 中名生氏は1967年に旧経済企画庁に入庁し、99年8月から2001年1月まで同事務次官を務めた。07年4月に現職となり、任期は11年9月末まで。福島氏は、理由について「消費者庁が発足し、区切りがついたと説明を受けた。本人の意思を尊重する」と述べた。 

ボンバル機引き返し=警告灯が点灯−大阪空港(時事通信)
<峰崎副財務相>「国際線は1社体制でいい」 日航再建で(毎日新聞)
普天間「私の立場で対応」小沢氏、稲嶺氏と会談(読売新聞)
<石破政調会長>ガス田開発の写真提供拒否され抗議へ(毎日新聞)
群馬県、八ツ場ダムの生活再建事業入札開始 政府は見直し示唆(産経新聞)
[PR]
by nmeizg3mqx | 2010-02-03 04:58


<< 検察官役の推薦、弁護士会に依頼... 元タクシー運転手を殺人で再逮捕... >>