公明、参院埼玉選挙区に西田氏擁立を決定(産経新聞)

 公明党は29日、今夏に行われる参院選埼玉選挙区(改選数3)で、現職の西田実仁(まこと)参院議員(47)を擁立する方針を固めた。同選挙区では、候補擁立を見送る方針だった。西田氏のくら替え出馬が予定されていた比例代表には、長沢広明元衆院議員(51)を充てる。2月4日の党中央幹事会で正式決定する。

 同党は、昨年の衆院選では選挙区で全敗したため、参院選選挙区での候補擁立に慎重だった。だが、民主党が鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の「政治とカネ」問題で支持率を下げていることを踏まえ、28日の党中央幹事会で現有11議席の確保を目指すことを決定。同時に埼玉選挙区で擁立する方針を確認していた。

【関連記事】
2次補正予算成立も 専門家「景気浮揚効果薄い」
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」
首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず
公明、参院埼玉で独自候補を擁立へ
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相

<陸山会土地購入>石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ(毎日新聞)
<充電器商法>7万円の装置を50万円で販売 逮捕の経営者(毎日新聞)
楽天、百度と提携 中国で「楽天市場」展開へ 台湾、タイに次ぐ3カ国目(産経新聞)
税収減でも積極予算 22年度・都原案 一般歳出1.9%増の4兆6289億(産経新聞)
政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
[PR]
by nmeizg3mqx | 2010-01-31 15:46


<< 元タクシー運転手を殺人で再逮捕... 暴力団組長が「特別席」で相撲観... >>