4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)

 改正臓器移植法の一部施行に伴い、新たに臓器提供の意思表示をした人の約4分の1が親族への優先提供を希望していることが分かった。25日開かれた厚生労働省臓器移植委員会で報告された。
 17日に一部施行された同法は、第三者への臓器提供意思に併せて、実の親子、配偶者に優先提供する意思を表示できるとし、意思表示は基本的に日本臓器移植ネットワークのコンピューターシステムへの登録で行う。
 優先意思の登録受け付けは15日から開始。24日までに新たに臓器提供意思の登録をした人は約700人で、うち約170人が親族優先を希望した。 

【関連ニュース】
86例目の脳死移植実施
85例目脳死移植を実施=大阪大など5病院
84例目脳死移植実施=85例目、長野で準備
84例目の臓器移植へ=40代女性が提供
提供目的の自殺防止盛り込む=改正臓器移植法ガイドライン

押尾容疑者を保護責任者遺棄致死罪で起訴(産経新聞)
「大寒」なのに体感は春、早くも梅が開花(産経新聞)
高齢者宅に5時間居座り、効能偽り温灸器販売(読売新聞)
<名古屋市長>給与800万円案、曲げずに議会提出へ(毎日新聞)
地球生きもの委員会設立へ(産経新聞)
[PR]
by nmeizg3mqx | 2010-01-27 09:19


<< TVアニメ違法配信の男逮捕=新... <風車訴訟>早大賠償を大幅減「... >>