滋賀のJR踏切事故 電車が車80メートルひきずる 男性死亡(産経新聞)

 6日午前10時35分ごろ、滋賀県東近江市今町のJR東海道線稲枝−能登川駅間にある四軒屋踏切で、長浜発姫路行き新快速電車が、踏切内に入ってきた乗用車と衝突した。電車は、乗用車を約80メートル引きずったうえ、約400メートル先で停止した。乗用車は一部が車両下部に巻き込まれて大破し、運転していたとみられる東近江市内の会社役員、清水裕一さん(38)が死亡した。

 電車の乗客約500人にけがはなく、脱線もしていない。

 JR西日本によると、電車の運転士が警報機と遮断機のある踏切内に乗用車が入ってくるのに気付き、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。東近江署が詳しい事故原因を調べている。この事故で、東海道線は米原−安土駅間の上下線の運転を見合わせている。乗客は近くの能登川駅に歩いて移動した。

 現場は田畑の中に民家などが並ぶ地域。事故で敷石が飛び、沿線のパチンコ店のガラスが割れる被害なども出た。近所の人は「大きな衝撃音がして電車が止まっていた」と話していた。



よしのブログ
たかこのブログ
債務整理
クレジットカードのショッピング枠を現金化
無料ホームページ
[PR]
by nmeizg3mqx | 2010-01-13 18:46


<< 新成人に「思いきり生きて」=鳩... 米国でRA治療薬アクテムラの承... >>