大阪・堺市でドリフト族16人摘発(スポーツ報知)

 大阪府警西堺署は7日、通行禁止の道路を車で走行したとして道交法違反の疑いで、大阪府の20〜31歳の男性16人を摘発した。府警によると、7日未明、夜間の通行が禁止されている堺市西区築港新町1丁目の市道に集まり、車を横滑りさせて曲がる「ドリフト走行」をしたとしている。

 現場付近は臨海部の工場地帯。ドリフト走行の舞台になった市道は直線約2キロで、道路の幅員は片側10メートルと13メートル。スピードが出しやすく暴走する車が集まりやすいことから、トラックやタクシーなどを除く普通乗用車と自動二輪について夜間の通行を禁止していた。

 「夜になるとドリフト走行の車が集まってくる」との苦情を受け、府警本部の暴走族対策室などと合同で摘発した西堺署は「土・日曜日の夜はトラックの通行量が減り、走るのに格好の道になる。ドリフトする車が出てきたのは去年からで、暖かくなると増える。そうなる前にゴツンとやった。暴走族のチームではなく府内から1台、2台と集まってきている」と説明した。

 摘発された16人はアルバイトや会社員で、いずれも反則切符を切った。

 【関連記事】
大阪府警 ドリフト走行 普通乗用車 を調べる

来年度から個所付け事前公表=菅財務相(時事通信)
民家全焼、親子4人死亡 夫婦の寝室に拳銃なぜ…(産経新聞)
シュワブ陸上案に反対決議=全会一致で可決−名護市議会(時事通信)
【from Editor】冷めた後の2人はどこへ(産経新聞)
反対決議「自然な流れ」=谷垣氏(時事通信)
[PR]
by nmeizg3mqx | 2010-03-10 13:42


<< なぜ?届かぬ幼いSOS 埼玉4... 原子力副読本 小中学生に配布 ... >>